浮気を正当化できる理由ってあるのだろうか

浮気の定義は人によって違うように思います。肉体関係を持ってしまった時点で浮気と考える人もいれば、心の中で恋愛感情を抱いてしまうだけでも浮気と考える人もいるでしょう。肉体関係を持ってしまったとしても、単に性欲を処理しただけだと主張する人もいるかもしれませんし、浮気は文化だとまで言い切る人もいます。しかしながら、自分がどう考え、どう主張したとしても、パートナーがどう思うかで状況はすべて決まってしまいます。パートナーが許してくれなければ、その関係は終わってしまうのです。

だから、浮気がばれてしまったときは焦ります。自分のした行為を正当化する人も少なくないようです。実際に知人の奥さんが浮気をしたとき、その奥さんは「主人が自分に優しくしてくれないか浮気をした」と、自分のした行為を正当化したそうです。確かに、知人の奥さんに対する態度は少し優しさに欠けていたかもしれません。きっと彼女に同情する人もいることでしょう。しかし、ご主人はそのような理由を納得することができませんでしたし、また奥さんを許すこともできませんでした。結局離婚となったのですが、これからどうするのだろうと心配です。励ましたくても、励ます言葉も見つかりません。

しかし、女性というのは優しくしてもらえないと、他の男性に走る可能性があるということは他人事ではないなと思わされます。夫婦において、お互いに相手に対して優しく接するというのは当たり前のことなのですが、精神的な余裕がないときや、仕事でうまくいかないときなど、優しくしてあげる心の余裕がなくなってしまうことが多いからです。

ただ個人的には、どれだけ浮気を正当化する理由があったとしても、やはり許される行為ではないと思っています。ましてや浮気も文化などと豪語するのはもってのほかです。夫婦というのは愛し合うだけでなく、お互いを理解しあい、尊敬しあい、許しあうことが大切です。そうするなら浮気をしたいという誘惑など起こらないことでしょう。