浮気に酔いしれる友人

若いころからとても仲が良かった友人A。彼女は、明るくて前向きで、いつも笑顔が絶えない楽しい人でした。ところが、40歳を超えたころから考え方に偏りが感じられるようになりました。すぐに人をジャッジして悪者にしたがったり、職場の愚痴をたくさん言うようになったのです。

当時は、ストレスが溜まっているから、ネガティブなことを言うのだと思っていました。しかし、そうではなかったのです。友達Aは、そのころから不倫を始めていたのです。友達Aは独身ですから恋愛は自由です。しかし、相手の男性は妻子がいる人。私は、その話を聞いてすぐに、付き合いを考え直すようにと伝えました。どんなに良い言葉を口にしていても、妻子と別れる意思がない以上、それは信じてはいけない恋の言葉だと伝えました。しかし、友達Aがまったく聞く耳を持ちません。

不倫相手と同じ職場であったため、相手の男性のことはよく知っている。奥さんは旦那の努力を知らないけれど、私は奥さんよりも男性の努力をたくさん知っている。そんなことを友達は言っていたように思います。だから、私がその男性の支えになってあげなければららないと。私は、その男性との付き合いを何度もやめるように言ったのですが、友達はそのうち私の話を聞いて怒るようになりました。そして、ある日突然私からの連絡を全く受けとらなくなってしまったのです。原因が何であれ、こんな風に終わってしまう友情を残念に思いましたが、どうすることもできません。

あれから、6年経った今、風のうわさで友達は職場を辞めたと聞きました。不倫がばれていずらくなったようです。今でも、何の連絡もありませんし、こちらも連絡先を知りませんが、多い出すたびにとても残念に思います。仕事もできて明るくて素敵な女性だったのに、こんなことですべてを失ってしまうことがどうしても情けなく思えてしまうのです。それほど恋の力は強いということなのでしょう。でも、悔しくてなりません。