父の全てを許した母が見本

わたしの父は何度か浮気をしていました。母は父の仕事を助けながら私たち子供の世話もする働き者だったので、母を裏切った父のことをわたしは長年許すことができませんでした。こんなに働き者でいろんなことを完璧にこなす母を裏切って泣かせる父をわたしは一生許さないと思いました。

だけど、父は父なりにいろいろあって寂しかったんだと大人になったわたしは少し父の気持ちが分かるようになったんですね。子供だったわたしは、母が泣いている姿や置き手紙を残して出て行ったことのショックが大きくて父の気持ちを考えることができなかった。

大人になるとそれぞれいろいろあるんですよね。自分が大人になってそれがようやく分かるようになった頃父は天国へ旅立ちました。やっと父のことを許せるようになったのにどうしてそのタイミングで父が亡くなってしまうのか・・・これも運命だったのでしょうね。

母はとても元気です。父と母は同級生。父は昔から病気がちで、だけど自営業だったからそんなカラダでも毎日私たちのために仕事をして不自由がないようにしてくれました。本当に感謝しています。

父が浮気をしたことについてはもうどうでもいいんです。母は父が残してくれた家で何不自由なく生活していますし父を恨むようなことは一言も言いません。父は母や私たち子供にきちんと財産を残してくれました。わたしも父が残してくれた財産をありがたく頂きました。

子供の頃父と母がケンカする度わたしは生きた心地がしなかった。大人とはこういう生き物かと自分が大人になることをひたすら恐ろしく思っていました。大人になって結婚したらこんな風に相手を傷つけるのだろうか・・・と年を取ることを恐ろしく感じていました。

でも今はそんなことは考えていません。大人には大人の事情があり、良いとか悪いとかそういうことでは割り切れないことがたくさんあるとわかったから。父の全てを許して最後まで離婚しなかった母がわたしのお手本です。